『サッポロ一番 カップスター スパイシーブラック醤油』を実食レポート☆とりからをプラスしたら絶品

カップ麺

1966年にサンヨー食品が発売を開始した即席めんブランド『サッポロ一番』。

当初、袋めんを主力商品としていましたが、1975年にカップめん『サッポロ一番カップスター』を発売。

以降、味噌・醤油・旨塩など、『サッポロ一番カップスター』のバリエーションは徐々に増えていきました。

1991年にはカレーうどんが、2021年には海老天そば・きつねそばが加わり、和風シリーズの充実化も進められています。

2022-05-29 (10)

2022年5月、そんな超スタンダードのカップめん『サッポロ一番カップスター』に新たなフレーバーが登場。

それが『サッポロ一番 カップスター スパイシーブラック醤油』です。

黒色を基調とするパッケージがクールでカッコイイのですが、どのような風味なのか実食レポートします。

送料無料 カップ麺 サンヨー サッポロ一番 カップスター スパイシーブラック醤油 タテビッグ 86g×12個入×1ケース 発売日:2022年5月23日

価格:2,989円
(2022/5/29 23:17時点)

仕上げの粉末調味料が味の決め手

2022-05-29 (9)2022-05-29 (14)

フタの上に貼り付けらている小袋は、シャカシャカと音がします。

なにかしらの粉末が入っているみたい…

食べる直前に開封する必要があるため、フタからはがしてカップの側に置いておきます。

2022-05-29 (15)

カップの中には、油揚げめんのほか、たくさんの具材と粉末調味料が確認できます。

食べごたえを重視したカップめんであることが、うかがい知れる。

2022-05-29 (16)2022-05-29 (6)

熱湯を注いで約3分後。

彩り豊かな具材の数々が華やぎを添えています。

そこに仕上げの小袋を投入。真っ黒の粉末がバツグンの存在感を発揮します。


このままでは調味料が一部分に偏っているため、しっかり箸で混ぜる作業が欠かせません。

特に、縦型ビッグタイプのカップめんは、調味料が沈殿しやすいので、底から上へと丁寧に混ぜる意識が大切です。

ひとしきり混ぜてから、いざ実食。


縮れた中細めん×富山ブラック系ピリ辛スープ

2022-05-29 (17)

めんは、規則正しく波打つ中細タイプ

柔らかすぎず、硬すぎない。絶妙な質感です。

プチッという歯切れの良さを楽しめます。

本来、乳白色ではあるものの、黒コショーと醤油の色味に染まっている。

富山ブラックにそっくりです。

2022-05-29 (11)

スープは、黒コショーのキレと醤油の香ばしさがさえわたるピリ辛系。

がつんと刺激が押し寄せてきます。

“スパイスフル”という言葉がピッタリです。

さらに、ニンニクのコクと煮干しの旨みも感じられて、ただ辛いという訳ではありません。

古き良き醤油ラーメン、近年トレンドとなっているハイブリッド型ラーメン、両方の趣(おもむき)を融合させたような味わいです。

どこかノスタルジックな雰囲気の中に、めあたらしさを感じられます。

2022-05-29 (18)

具だくさんなところも嬉しいポイントです。

ゴロゴロ入っている味付き肉とナルト、緑が映える青ネギ。色々な具材が組み合わさって、ラーメンとしての美味しさを底上げしています。

2022-05-29 (20)2022-05-29 (19)

ひとしきり食べたところで、とりからを入れると激うま。

から揚げの衣(ころも)にスープが染みて、本来よりもスパイシー感が際立っています。

そして、食べごたえバッチリです。

ぜひ『サッポロ一番 カップスター スパイシーブラック醤油』だけでなく、とりからも一緒に購入して食べ合わせを堪能してください。

送料無料 カップ麺 サンヨー サッポロ一番 カップスター スパイシーブラック醤油 タテビッグ 86g×12個入×1ケース 発売日:2022年5月23日

価格:2,989円
(2022/5/29 23:17時点)

新着 にぎわい広場 日清食品 大黒食品 ヤマダイ食品 マルちゃん 明星食品 サッポロ一番 焼きそば半月15食セット 関東圏送料無料

価格:2,998円
(2022/5/29 23:19時点)
感想(11件)

タイトルとURLをコピーしました